Skip to content

色々なダイレクトメール印刷の成功例

ダイレクトメールというのは、なかなか成功しません。何故ならば、ダイレクトメールというのは、それだけ胡散臭いイメージがあるからです。数を打てば当たるパターンもありますが、数を売っても成功しないダイレクトメールもあります。印刷するだけでもお金がかかります。ダイレクトメールとして印刷し、印刷しただけで、赤字となってしまうケースは多いです。しかし、印刷する費用を抑え、配布する地域を限定し、成功へと導いたものがあります。それは、印刷する前に決まっています。どんなジャンルが印刷してその効果を存分に発揮してくれるかというと、それはクーポンと宅配の二つにわけられます。その二つは印刷しても多くの効果を出します。それは一体どんなダイレクトメールなのでしょうか。

印刷する前に成功は決まっている

ダイレクトメールは、宅配型の飲食店だと印刷する前に、成功が決まっていると言っても過言ではありません。例えば、ピザですね。これは、多くの人がダイレクトメールを見て、注文しています。ピザならば、腐っていることもありませんし、CMなどを流しており、信用できる大手であるということもあります。中には地域密着型のピザ屋さんもありますが、それでもダイレクトメールを見れば食べたくなってしまうのです。もう一つは、寿司です。寿司屋というのは日持ちせず1日で売り切ってしまわなければいけないため、場所を選びます。人気のない田舎だとなかなか本場の寿司を食べることができません。そうしたものがダイレクトメールで送られてくると、「この地域でも本場の寿司を食べることができるのだな」と納得してしまうのです。

クーポンを印刷して成功するという方法

ダイレクトメールで、もう一つお得だと思って、手を出してしまうのが、ダイレクトメールに印刷されているクーポンです。例えば、500円引きのクーポンがついた美容院のダイレクトメールを見ると、なんとなく捨てずにとっておくことがあります。それがお弁当屋さんのダイレクトメールでも、エステのダイレクトメールでも同じです。やはり、人というのは、お得感のあるものに食いつきます。印刷されているクーポンを大事にとっておいて、使うタイミングは確かにわかりません。しかし、何月何日までと印刷することで、そのダイレクトメールの効果を実感することができます。また、お店側はその印刷されたクーポンをきちんと管理し、保存しておくことで、どのくらいの効果があったのかということを把握する必要があります。