Skip to content

ダイレクトメール印刷前に注意しておきたいこと

ダイレクトメールを送る立場になることがあります。それは、会社のためにやることが多いです。「これ、配っておいて」と、言われ、そのまま近所に送るようなダイレクトメールが多いです。そうしたダイレクトメールでは、印刷をする前にまずチェックします。印刷をする前に、上司に相談したり、見てもらって間違った部分を修正してくれるようなことがあります。ダイレクトメールの印刷はお金がかかります。予算削減で貧相なものを作っても誰も見向きもしません。その反面、豪勢に作ろうとしても予算がかかりすぎ、もしそれでお客さんがついても、赤字になってしまいます。そのため、ダイレクトメールの印刷は、印刷をする前に、点検をして、コストパフォーマンスがしっかりしていたものが点検します。

予算のバランスをとることが必要

地下のデパートで売っているようなお弁当は多くは赤字になるそうです。それは、どれだけ売れていても赤字になることがあります。それは何故かというと、弁当というのはもう既に作られているので、売れなくて廃棄する分の損失を考えれば、結果として赤字になることが多いです。ダイレクトメールの印刷も同じです。そのため、ダイレクトメールの印刷前に、どれだけのダイレクトメールを送れば採算がとれるのか、どれだけ印刷をすれば損失が出ないのかということを考える必要があります。ダイレクトメールの印刷で、最も効果的なのが、インパクトのあるダイレクトメールにしながらも、きちんと内容を伝えているものです。表示だけ厚手で、中身は薄いパンフレットに、どれだけの文字を詰め込めるかが鍵です。

配布する層を確定しておくことが大切

ダイレクトメールの印刷前に文章を読んでみてください。良い事ばかり書いてあって、胡散臭いものだと誰もお客になってもらえません。そもそもダイレクトメールというのは、胡散臭いイメージがあります。ちゃんと誠意を伝えられる内容にすればいいのですが、そうではない文章になっていたりします。それに、配布する層をしっかりと把握しているのかという文章になっているかが重要です。印刷してから気づいても遅いです。例えば介護施設のダイレクトメールを印刷して、そのまま若者が住むアパートに入れても意味がありません。逆に育毛などのダイレクトメールを印刷してした場合は、確実に薄毛の人を狙うべきです。ダイレクトメールの印刷をする前には、まずは文章の確認をすることです。そして、コストパフォーマンスを考えてください。