Skip to content

ダイレクトメール印刷はどれくらいの期間がかかるのか

ダイレクトメールの印刷を早急にしたい場合に、どれだけの時間を要するのか、事前に知っているだけでも気持ちの持ちようはかなり変わります。ダイレクトメールの印刷といっても、細かく分かれており、封筒に封入する場合や圧着はがきなどでもその期間は変わります。ダイレクトメールの印刷は送付する部数が多ければ多いほど、当然のことながら時間がかかります。実は封入するタイプの方が早く印刷することが可能であり、圧着はがきの方がかなりかかるということが指摘されています。ダイレクトメールを印刷して発送するまでどうしてそれほどの差が生まれるのかなど、ダイレクトメールの印刷に関することを知っておくことで、依頼する際に余裕をもって対応していくことができるようになります。

封入物を事前に用意していれば最短数日で可能

封入するタイプのダイレクトメールの印刷の方がすぐにできるのは、封入するものを事前に用意し、あとは封入や送付するデータ入力などを業者に任せるという段階になっている場合です。この場合、業者はデータを入力し、封筒に直接印字する、もしくはラベルに印字して貼るなどいずれかの選択肢を選びます。部数が少なければ少ないほど早急に送ることが可能です。一方、圧着はがきなどの場合は、印刷するのにある程度の時間がかかります。そして、これらのものは大量に送ることを前提としているため、むしろ少数だと時間がかかってしまいます。1万通を超えると封入でも圧着でも大差のない状態となりますが、それ以下の部数となると時間の面において封入するタイプのダイレクトメールが有利になります。

最低1週間はかかることを想定すべし

通常、ダイレクトメールの印刷から送付まで部数によって違いはあるものの、1週間はかかります。部数が少なければすぐにできそうに思いますが、業者によって異なります。少ない部数をすぐに仕上げたい場合にはそうした業者に任せるということも必要ですが、大切なデータを扱う以上、それが間違っていないかどうかを確かめる作業が求められます。また、安さや速さを強調するところに任せることもいいですが、データ入力などで粗さがあったり、送付してはいけないところに送ってしまった、仕上がりに時間がかかったということもあります。いずれにしても、最低1週間は覚悟し、1週間前から依頼をかけるということが大切です。ギリギリのタイミングで依頼しても何かのトラブルで遅れてしまうため、余裕のある日程が求められます。