Skip to content

ダイレクトメール印刷に掛かる費用はどれくらいなのか

大量に配送するダイレクトメールは印刷単価をいかに安くするかも大切なポイントになります。目安としてはハガキサイズで一通50円ほどとなりますが、条件によってはもっと安くなりますし、部数が少なくなればもっと高くなります。ネットプリントを利用すればさらに安くなりますし、色調を安定させたいのであれば従来の製版会社に頼むことになります。用途に合わせて適切に選ぶことが必要となりますし、業者によっては同じデータでも色調はかなり異なります。その点にも注意した上で、どこまで単価を抑えるのかを考えることが必要になります。また少部数であればオンデマンドで注文することにより、オフセット印刷よりもかなり安く制作できます。品質と納期を考慮しながら単価設定をすることが大事です。

ダイレクトメールの費用はどのくらいかかるのか

大量の部数を配送するダイレクトメールの場合、一通あたりの単価をいかに抑えるかによって費用対効果を高めることができます。もちろん印刷の品質は業者によって異なりますし、提供するデザインのテンプレートも同様に異なります。単価が安ければそれで良いというわけではありませんが、目安としてはハガキサイズで一通50円から60円程度になります。ハガキサイズでも圧着タイプやふちのり圧着など様々な種類のものがあります。さらに少部数印刷ならばオンデマンドでの印刷になりますが、この場合は一通あたり70円ほどが目安になります。オフセット印刷を利用すると、同じ部数ではもっと単価は高くなります。デザインのテンプレートは無料で利用できるので、純粋に印刷料金としての参考値です。

ダイレクトメールを注文するならどんな業者がお得なのか

ダイレクトメールは単価を抑えて印刷する場合、依頼する業者によって単価は大きく変わります。例えば大量に印刷する場合には、オフセット印刷が断然お得です。人気のネットプリントの場合、納期を長く設定することでさらに単価は安くなります。けれども業者によっては自社で印刷工場を持たないために、提携する工場で空き時間があるところを利用するケースがあります。その場合には色合いがその工場によって異なることは理解しておくことが必要です。その点、従来の印刷会社ならば安定した色調で納品してもらうことができます。一方で色調にこだわらないのであれば、ネットプリントがお得です。条件にもよりますが、目安となるハガキサイズの一通50円よりもさらに安く注文することが可能となります。